【マスカレード・ホテル】あらすじやロケ地など解説!ネタバレなし

皆さんこんにちは、こんばんは!
なかじぃです!

今回は木村拓哉主演の映画【マスカレード・ホテル】について紹介したいと思います!

なんでも木村拓哉初の刑事役だとか。

豪華な俳優陣も必見です!





映画情報


出典:東宝MOVIEチャンネル

キャスト

木村拓哉 長澤まさみ 小日向文世 梶原善
泉澤祐希 東根作寿英 石川恋 濱田岳
前田敦子 笹野高史 髙嶋政宏 菜々緒
生瀬勝久 宇梶剛士 橋本マナミ 田口浩正
勝地涼 松たか子 渡部篤郎 石橋凌

 

スタッフ

【監督】 鈴木雅之
【脚本】 岡田道尚
【原作】 東野圭吾

公開日:2019年1月18日

 

あらすじ

都内で起こった3件の殺人事件。

全ての事件現場に残された不可解な数字の羅列から、事件は予告連続殺人として
捜査が開始された。警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介(木村拓哉)は
その数字が次の犯行場所を示していることを解読し、ホテル・コルテシア東京が
4番目の犯行場所であることを突き止める。

しかし犯人への手がかりは一切不明。そこで警察はコルテシア東京での潜入捜査を
決断し、新田がホテルのフロントクラークとして犯人を追うこととなる。

そして、彼の教育係に任命されたのは、コルテシア東京の優秀なフロントクラークの
山岸尚美(長澤まさみ)。次々と現れる素性の知れない宿泊客たちを前に、刑事として「犯人逮捕を第一優先」に掲げ、利用客の仮面を剥がそうとする新田と、ホテルマンとして「お客様の安全が第一優先」のポリシーから利用客の仮面を守ろうとする尚美はまさに水と油。

お互いの立場の違いから幾度となく衝突する新田と尚美だったが、潜入捜査を進める中でともにプロとしての価値観を理解し合うようになっていき、2人の間には不思議な信頼関係が芽生えていく。

そんな中、事件は急展開を迎える。
追い込まれていく警察とホテル。

果たして、仮面(マスカレード)を被った犯人の正体とは・・・。

引用:映画『マスカレード・ホテル』公式サイト

 





マスカレード・ホテルのロケ地は?

映画の撮影は2017年10月ごろからスタートしており目撃情報もいくつかありました。

文化学園大学


出典:文化学園大学

100年近くある歴史ある世界屈指のファッション専門学校です。
ここで長澤まさみさんの目撃情報がありました。


東宝スタジオ


出典:東宝スタジオ

世田谷区にある東宝スタジオですがここで1番大きい8番スタジオを使って
ホテルのセットを組んで撮影したそう。
ドローンなんかも使ったりしてかなり大掛かりな撮影になったとか。

めちゃくちゃ楽しみですね!

ロイヤルパークホテル


出典:ロイヤルパークホテル

あらすじでもありましたが今作で出てくるコルテシア東京のモデルとなっているのが
日本橋にあるロイヤルパークホテルです。

一度でいいから行ってみたいと思わせてくれるような高級ホテルです。

一流の接客受けてみたいなあ笑

まとめ

さあ、ここまで紹介してきましたがどうでしたか。

個人的にはめちゃくちゃ楽しみにしている映画の一つです。

ここで小ネタを挟むと、明石家さんまさんがどこかで登場するらしいです。
さんタクを見た方はご存知だと思いますが、エキストラで少しだけ出演します。

木村拓哉さん好きには2018年に公開された「検察側の罪人」と立て続きの
映画になるので嬉しいですよね。

「検察側の罪人」の記事もありますのでよければ読んでみてください。

http://lovemovie4.com/2018/08/17/post-348/

「マスカレード・ホテル」についてまた新しい情報が入りましたら
追記していきますのでよろしくお願いします。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

また次回!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。