【アリータ:バトル・エンジェル】あらすじ、原作は?ネタバレなしでまとめてみた!

皆さん、こんにちはこんばんは!

なかじーです!

知っている方も多いとは思いますが、映画館の予告で大迫力の映像が流れて
気になったのでまとめてみました!

あの、【アバター】【タイタニック】を手がけたジェームズ・キャメロン
僕たちに新たな作品を届けてくれます!

しかも現在進行中の「アバター続編を後回しにしてもいいから作りたい」とまで言わしめた作品です。

映画公開は2019年2月22日です。





映画情報


出典:20世紀フォックス映画公式チャンネル


【キャスト】

サイボーグの主人公アリータを務めるのは、ローサ・サラザールです。

アリータはCGなので声での出演になりますがローサ・サラザール自身数多くのアクション映画に出演しヒットしているので主人公のアクションシーンでも期待できると思います。

そしてアリータをスクラップの中から救い出し、肉体を与えるサイバードクター・イドをクリストフ・ヴァルツが演じ、ジェニファー・コネリーや、マハーシャラ・アリ、エド・スクレイン、らが脇を固めています。





あらすじ

数百年後の未来。サイバー・ドクターのイド(クリストフ・ヴァルツ)は、アイアン・シティのスクラップ置き場でアリータ(ローサ・サラザール)という意識不明のサイボーグを見つける。目を覚ましたアリータは、一切の記憶をなくしていた。だが、ふとしたことから並外れた戦闘能力を秘めていることを知り、なぜ自分が生み出されたのかを探ろうと決意する。やがて、世界を腐敗させている悪しき存在に気付いた彼女は、立ち向かおうとするが……。

引用:シネマトゥデイ

 

原作は日本のSF漫画【銃夢】

今回、この映画のもととなった作者:木城ゆきとの漫画【銃夢】です。
SF漫画の最高峰として知られており、日本だけでなく世界8カ国以上で翻訳されています。

もちろん、原作と映画との相違点はありますがその違いも見つけつつ楽しめたらいいですよね!

 

まとめ

予告編だけでも超大作のニオイがプンプンしますねえ!

ファンの中には主人公の「大きな目が気になる!」という意見もあるそうですが、監督が日本のアニメや漫画が実写化されて特徴的な大きな目が再現されていなかった、だから今作でその特徴を再現しアリータの心と魂をこの大きな目で表現したい!という思いが込められているんですよね。

アリータはサイボーグではありますが心を持っています。

アクションも注目ですが、主人公の表情や心情をCGでどこまで表現しているのかも楽しみの1つです!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。