映画【バンブルビー】黄色い”人気者のあいつ”が主人公!あらすじや見どころなどを解説!

皆さん、こんにちはこんばんは!
なかじーです!

今回は3月22日(金)公開される映画『バンブルビー』を紹介します。

この映画は『トランスフォーマー』シリーズのスピンオフ作品となり、オートボットの人気キャラクター、バンブルビーのストーリーでこれまでのシリーズの前日譚が語られることになります。





トランスフォーマーを超簡単におさらい!

ここでは、映画「バンブルビー」をもっと面白く観れるために「トランスフォーマー」を知らない方のために軽く説明して行きます!

「トランスフォーマー」は、日本で生まれた変形玩具をハリウッドが映画化にしたものです。
するとたちまち世界で大ヒットし世界中にファンがついています。

2019年1月現在「トランスフォーマー」シリーズは第5弾まで公開されており「バンブルビー」は
その5作よりも前のお話になります。

ここから少しややこしいのですが、「トランスフォーマー1作目、2作目、3作目」で1つのストーリーになっており「トランスフォーマー4作目、5作目」からはキャストもストーリーも大幅に変わっています。

超簡単に説明すると、変形するロボット(正義のロボット/オートボット)と(悪のロボット/ディセプティコン)が地球で闘う物語です。

これさえ抑えとけば大丈夫でしょう!

映画情報


出典:シネマトゥデイ

キャスト

主演を務めるのはヘイリー・スタインフェルド(チャーリー・ワトソン役)。
演技、モデル、音楽と幅広く活躍し、どの場でも成功している人気急上昇中の女性です。

ほかキャストにWWEの現役プロレスラーとしても活躍しているジョン・シナが出演し注目されています。





 

あらすじ

1987年、海辺の田舎町。
父親を亡くした哀しみから立ち直れない思春期の少女チャーリーは、
18才の誕生日に、海沿いの小さな町の廃品置き場で、廃車寸前の黄色い車を見つける。自宅に乗って帰ったところ、この車が突如、変形(トランスフォーム)してしまう。
驚くチャーリーを前に、逃げ惑う黄色の生命体。お互いに危害を加えないことを理解した瞬間、似た者同士のふたりは急速に距離を縮める。
チャーリーは、記憶と声を失い”何か”に怯える黄色の生命体に「バンブルビー(黄色い蜂)」と名前をつけて、かくまうことを決めた。
ボロボロに傷ついたバンブルビーと、心に傷を抱えたチャーリー。
思いがけない友情が芽生えるのだが、しかし、
予想もしない運命が待ち受けているのだった。
引用:映画バンブルビー公式サイト

 

見どころ

バンブルビーは「トランスフォーマー」の中でも1番人気のキャラクターだと言われており(だから映画化になったのだが)その黄色いボディにピュアで頑張ってる姿が可愛いと人気の高いキャラクターです。

主演を務めるヘイリー・スタインフェルドの演技も先に公開されているアメリカなどでは大好評で映画公開が待ち遠しいですね!

『トランスフォーマー シリーズ』があまり好きでない方も楽しめますし、観たことない人でも楽しめるのでまず映画『バンブルビー』を観ていただいてから知ってもらってもいいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。