【モリーズ・ゲーム】あらすじや見どころ、ネタバレなし

皆さんこんにちは!
なかじーです。

今回紹介させていただく映画は「モリーズ・ゲーム」です。
お金持ちもそうじゃなくてもギャンブルっちゅうのは誰でもハマるし怖いよね・・・

映画情報


出典:キノフィルムズ

 

あらすじ

2002年、冬季オリンピック予選の最終戦。女子モーグル北米3位のモリー・ブルーム(ジェシカ・チャステイン)は、五輪出場を目前にしていた。心理学教授の厳格な父親(ケヴィン・コスナー)の下、幼い頃からひたすら練習を重ね、12歳の時の背骨の大手術からも復活した。コロラド大学を首席で卒業したモリーは、ソルトレークで金メダルを獲得し、ロースクールを卒業して会社を設立するという人生設計を立てていた。ところが、1本の松の枝がモリーの運命を変える。枝にぶつかりスキー板が外れて転倒、モリーのアスリート人生は終わった

その後、ケガから回復し、LAで1年間の休暇を取っていたが、バイト先のボスからポーカー・ゲームのアシスタントを頼まれ、ハリウッドスターのプレイヤーX(マイケル・セラ)、映画監督、ラッパー、ボクサー……大金持ちの有名人ばかりが集まる高額ポーカー・ゲームの世界に足を踏み入れる。ゲームの参加費は1万ドル(100万円相当)。一夜で100万ドル(1億円)のお金が動くスリリングな世界、最高レベルの人々との交流に生き甲斐を見つけるが、数年後、突然クビを言い渡されたモリーは、秘かに練っていた計画を実行し、“モリーズ・ルーム”をオープン。その後、NYに拠点を移し、並外れた才覚によって新たなる伝説を築く。だが、2012年、FBIに突然踏み込まれ、ゲームは閉鎖。モリーは全財産を没収される。

2014年、現在。回顧録「モリーズ・ゲーム」を出版後、モリーは違法賭博の運営の容疑で突然FBIに逮捕される。「誤解です。2年もやっていない」と答えるが、「合衆国対モリー・ブルーム」と書かれた令状を前に成す術もない。何人もの弁護士に断られたモリーは、チャーリー・ジャフィー(イドリス・エルバ)に弁護を頼む。ジャフィーは、タブロイド紙に載る“ポーカー・プリンセス”は自分向きの事件ではないと断るが、モリーについて知るうちに彼女の弁護を引き受ける決意をする。

なぜポーカーをやめて2年も経つモリーが逮捕されたのか? FBIの本当の目的は? 果たして無罪を勝ち取ることは出来るのか?

引用:モリーズ・ゲーム公式サイト

 

見どころ

この映画、実際に存在するモリー・ブルームが逮捕されるまでを描かいた作品。
2時間20分とちょっと長めの映画で情報量も多いのですが
テンポがかなりいいのであっという間に終わってしまいます。

というのも、今回主演を演じられたジェシカ・チャステインがかなりのハマり役立ったことが
映画を観ていて感じられました。
日本ではそこまで有名ではないかもしれませんが、2019年公開の映画「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり」やX-MENにも出演されているので知ってる人は知ってるかも。

くれぐれもおっ◯いばかりに気を取られないこと!(僕はそこばっかり気になってました。。。)

と、話が逸れましたが割と長尺の映画でありながら、セリフ量も多い今作ですが
観客を飽きさせないテンポを実現したのが脚本家で有名だったアーロン・ソーキンが初監督を務めたことにあるでしょう。

脚本家としての代表作が「スティーブジョブズ」や「ソーシャルネットワーク」などの実際にあったことを映画化しているので今作がテンポのいい映画なのも頷けますね!

なかじーコメント:

社会生活で悩んでいる全ての女性、男性にも観て欲しい作品。
厳しい家庭環境の中で育ったモリーがオリンピック候補選手まで成長して
父にも認めてもらえると思った矢先、競技中の事故で全てを失ってしまう。

いろんな道があったのにモリーが選んだ新たな人生はポーカーゲームの主催者。
相手はセレブばっかりの男社会で要は裏社会的な怖い世界に飛び込みます。

全ては父への反骨心

ちょっと僕には共感できない特殊な原動力ですが、モリーくらいのエネルギーがあれば
どんな世界でも成功できるんだと思っちゃいますね。

まあでも、物語の後半にはこういう世界ならではの怖さもありハラハラするシーンもあります。
くれぐれもモリーも胸ばかりに気を取られないこと!

じゃあ、またね!