【リゼロ】新編集版14話の解説、感想など!『Re:ゼロから始める異世界生活』

皆さん、こんにちは!
なかじんです!

アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』新編集版14話『絶望という病』の内容を解説、考察していきます!

まだ14話を観てない人はネタバレ注意です!

まだ前回書いた13話の記事を観ていない方はこちらからどうぞ

【リゼロ】新編集版13話の解説、感想など!『Re:ゼロから始める異世界生活』

2020年5月13日

 

\リゼロを観たい方はAmazonプライムビデオがおすすめ!/

 

 

14話 『絶望という名の病』ネタバレあり

スバルとエミリアは王選の件で大喧嘩をしてしまいます。
スバルはクルシュの屋敷で滞在することになりヴィルヘルムと稽古をしています。

そんな中、ラインハルトが謝罪にユリウスとの喧嘩の件で謝罪に訪れますが、「無意味な戦い」と発言したラインハルトに対して感情的になります。

それからもスバルはヴィルヘルムと稽古を続け、どんなに酷くやられても何度も挑みます。
傍にはいつもレムがいてくれていました。

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

翌日、スバルとレムは町中に出かけエミリアの悪口を聞きここでも感情的になります。

その夜、クルシュとスバルは晩酌をすることになりクルシュは何かのために人とモノを集めていると言います。
スバルに向かって下を向くな、前に進めと励まします。
その言葉を受けて、スバルは自分にしかできないことを考えます。

翌日からスバルはエミリアとのきっかけを求め始めますがヴィルヘルムはそれを見抜いており強くなることを辞めた人間にこれ以上教えることはないと言います。

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

そんな中、レムがスバルに話があると呼びに来ます。
レムは、ラムと共感覚を持っておりロズワール領地で不審な動きがあることを感じていました。
クルシュはハーフエルフが王選に出た時点で不審な動きは予想していました。

スバルは自分しかいないと、助けに行くことを決めますが周りは反対します。
クルシュにこの屋敷を出た時点でエミリアとの契約が切れ敵同士になると言われますがスバルはレムとクルシュ邸を出ることになります。

しかし、帰り道には霧がかかっており来た道では帰れず迂回して行くしか方法はありませんでした。
霧の原因は、白鯨(はくげい)のせいです。

夜になりレムとスバルは街に立ち寄ることになり一泊することになります。
スバルは自分がみんなを助けるから大丈夫だと伝え、レムも「信じてます」と言います。
しかし翌朝、スバルが起きるとレムは夜明けのうちに宿を出てしまったことを聞かされます。

スバルは、オットーという行商人を拾い急いでロズワール邸に向かいますが、先に進めなくなり1人で向かいます。

途中、魔女教徒に囲まれますがお辞儀をしていなくなりました。

夜が開けて村に着くと、そこには村人の死体がたくさんありました。
スバルは動揺しながらレムを探します。
ロズワール邸に着くとそこにはレムの死体が・・・

 

ユリウスがスバルを叩きのめした理由

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

近衛騎士団の実質No.2が直接手を下すことでスバルの無礼さに怒った他の騎士団のメンバーがこれ以上スバルに手を出すことを防ぐため。

王国No.1騎士団であるためそこに所属しているメンバーは剣の腕前とプライドはとても高い。
そのため、王選会場でのスバルの発言は彼らの反感を買い、あのままでは騎士団メンバーの誰かに斬られていた可能性があった。
つまり、ユリウスはスバルを守るためにこのような行動を起こした。
この件でユリウスは謹慎処分になっている。

クルシュが男装している理由

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

クルシュが普段男装する理由はフェリスとの約束があるから。
クルシュは幼少期から公爵家を継ぐ立場であったため女ながらに男子のように物事を修める必要があった。
しかし、同時に「女らしく振舞え」とも言われ、ジレンマに陥っていた。

また、クルシュは自分の剣才を極めたいという願望を持っていたが公爵家を継ぐため女と剣技は捨てる必要があると考えている。

ゲートの治療

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

スバルは魔獣騒動とユリウスとの決闘で無理に魔法を行使した結果、魔法を使う器官であるゲートが損傷していた。
ゲートが壊れるとオドから湧き出すマナを排出できなくなり死に至る。

そのため王国最高の治癒術師であるフェリスにゲートの治療をしてもらうためにクルシュの屋敷に滞在している。
実は、このときフェリスは治療に託けてスバルを洗脳しようと試みていた。

それに気づいたレムが洗脳を止めるためにフェリスの治療を妨害しているのがこのシーン。

オットー

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

本名:オットー・スーウェン
年齢:20歳
行商人の少年。

「言霊の加護」
どんな生き物とも会話できる力があるが会話中はその生き物の言語を発するためかなり怪しい人になる。

この回では、買い占めた油が売れなくなり逆に手放した鉄製品の価値が高騰したため莫大な借金を背負いやけ酒していた。

魔女教がスバルにおじぎした理由

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

オットーの竜車でロズワール邸に向かおうとしたスバルが魔女教の手下たちに取り囲まれるシーンがあり絶体絶命のピンチかと思いきや、魔女教たちがおじぎをしてどこかに去っていったシーン。

魔女教徒にとっては魔女の匂いがすることは魔女に愛されている証だということ。
したがって、スバルの魔女の匂いを感じとった魔女教たちはスバルを重要な存在であると認識したためあのような行動になったと考えられる。

 

新編集版14話の感想

今回のスバルもなかなかの暴走っぷりを発揮していましたね!
レムが傍にいなければ主人公終わってたでしょうね。

ユリウスもスバルを守る意味での決闘だったなんてどんなけ男前なんですか!
ユリウスが決闘するメリットはないですからね。

そして、レムの好感度がさらにさらに爆上げです!
あんな可愛いキャラクター他にいますか?(笑)
しかし、最後のシーンは辛すぎました。レムが・・・。

レムが生き返るには、次回スバルに死に戻りしてもらうしかないですが。

14話『絶望という病』の伏線と謎

  • クルシュとエミリアの契約とは?
  • 白鯨や霧とは?
  • 僕らのヒロイン、レムさんを殺ったクズは誰?

次回もさらに楽しみです!
ではまた!

\リゼロを観たい方はAmazonプライムビデオがおすすめ!/