【リゼロ】新編集版23話の解説、感想など!『Re:ゼロから始める異世界生活』

皆さん、こんにちは!
なかじんです!

アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』新編集版23話『悪辣なる怠惰』の内容を解説、考察していきます!
まだ23話を観てない人はネタバレ注意です!

まだ前回書いた22話の記事を観ていない方はこちらからどうぞ

【リゼロ】新編集版22話の解説、感想など!『Re:ゼロから始める異世界生活』

2020年5月22日

 

\リゼロを観たい方はAmazonプライムビデオがおすすめ!/

 

 

23話 『悪辣なる怠惰』ネタバレあり

エミリアたちやアーラム村の人々を避難させるべくロズワールの屋敷へと向かうスバル達討伐隊でしたが、道中で気がつくとスバルを残し討伐隊の面々が消失してしまいます。

一体何が起きたのか理解できずにいるスバルは道端に不自然に咲く青い花を見つけます。
その瞬間、蔓がスバルに巻きつき体を締め付け身動きできなくなりますが赤い精霊が現れ、青い花を燃やすことでスバルは現実に戻りました。

スバルが現実に戻ると、ユリウスも目を覚ましていました。
そして、ユリウスが微精霊の力で他の仲間の幻術を解いている中、ラムがスバルを連れ去ろうとしました。
この幻影の仕業はラムが行ったことでした。

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

なぜ、ラムはスバルを襲ったのかは、白紙の新書が送られてきた、つまりスバルはエミリア陣営を裏切って宣戦布告をしたのと同じことだったのです。
しかし、スバルが事情を説明するとラムは何とか納得したのでした。

そしてスバル達は村に着き、村人に逃げるよう説得しますがハーフエルフであるエミリアのせいで魔女教が襲ってくると言い出します。
しかし、フェリスとラムの助けもあり村人達の説得に成功し逃げることにします。

スバルはフェリスの荷詰を手伝うことになりますが、行商人に魔女教徒が潜伏しておりフェリスに気絶させられます。
しかし、魔女教との自爆によりスバルとフェリスは爆発に巻き込まれます。

スバルが目覚めると村は戦場になっておりフェリスは無事でしたが魔女教が暴れていました。
ヴェルヘルムは指先を倒しますが、自爆に巻き込まれ倒されます。

そこに別の大罪司教が現れ、スバルが戦うことになりますが森の魔獣を利用し倒します。
村に戻るとさらに別の大罪司教が村人達を殺していました。
スバルが戦おうとするとエミリアが現れ司教を倒します。

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

スバルはエミリアに話しかけようとするのですが、体から微精霊が離れ森の中へスバルは走ります。

後を追うユリウスとフェリスでしたがスバルの中にはペテルギウスが乗り移っていました。
スバルは最後の力を振り絞ってユリウスとフェリスに自分を斬ることを頼みます。

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

そして、ユリウスは剣を振りかざし・・・

 

ユリウスと準精霊

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

ユリウスは「誘精の加護」を持ちその力から6体の準精霊と契約している。

火属性の準精霊:イア
水属性の準精霊:クア
風属性の準精霊:アロ
土属性の準精霊:イク
陰属性の準精霊:イン
陽属性の準精霊:ネス

精霊との契約は、契約する精霊の数が増えるほど難易度が上がる

白紙の親書

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

スバルは屋敷の人たちに、今回の騒動で誤解を生まないように事前に屋敷に事情を書いた親書を送っていた。
内容は、同盟の件や魔女教対策を講じたもの。

スバルの語学力では、複雑な文章を書くことができないため代わりにレムに書いてもらっていた。
しかし、なぜか白紙に。

フェリスが無傷の理由

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

フェリスはスバルと一緒に竜車の爆発に巻き込まれたはずだが無傷だった理由は彼が擬似的な不老不死であるため。

フェリスは自分の体に常に自己再生の術式を仕込んでいるため、常に細胞が若返りアンチエイジングと再生力を高めている。

そのため擬似的な不老不死状態にあり簡単には死なない。

見えざる手の対策

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

見えざる手は不可視であるが目に見えないだけで触れたものには干渉することができる。
そのため、ヴィルヘルムは地面に剣を立て土の雨や土ほこりを立てることで、エミリアは無数の氷の粒を体の周りにダイヤモンドダストのように散りばめることでそれぞれ見えざる手の対策をしていた。

しかし、見えていたとしても無数の手を避けるのは至難の技であり二人の戦闘力の高さが伺える。

憑依

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

ペテルギウスの持つ、もう1つの権能。
彼の正体である邪精霊の力を利用した強制的な精霊術師契約。

精霊術師の素養のある人間にのみ、「憑依」が可能だが契約済の精霊術師には「憑依」できない。
そのため、ユリウスには「憑依」できない。

「憑依」のための肉体として10人の予備の肉体を用意して「指先」として各小隊に1人ずつ配置している。

フェリスによる水の暴走

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

フェリスは自分の魔法を使ったことのある相手の「水」の流れを暴走させて死に至らせることができる。
この力を使ったためスバルはフェリスに触れられた時に絶叫した。

「殿下と約束したこの力で」とフェリスが発した意味は今は亡きルグニカ王国第四王子フーリエ殿下と「自分の力を人を救うために使う」と約束していた。

しかし、その力をスバルを死なせることに使うことになり無力さから彼は涙を流した。

 

新編集版23話の感想

久々にラムが登場しましたが相変わらずの毒舌っぷりで安心しました。笑
スバルに対する態度がレムと真逆なのが最高にいい!笑

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

後一歩のところでペテルギウスを倒せたのに、最後まさかスバルに憑依するとは・・・
最後のフェリスの涙は辛かったです。。。

あと、気になるのはやっぱり白紙の新書ですね。
誰が白紙の新書に変えたのか。
屋敷の人間だとするとエミリア、ベアトリス、ロズワールだけど。

白紙の新書に変えた人物が今回の魔女教と白鯨の一件の黒幕なのか。
間違いなく衝撃的な展開になること間違いないですね。

さて次回はユリウスが振りかざした剣でスバルを斬るのか、それとも別の方法でスバルは助かるのか。

それにしてもいろんな声優さんのペテルギウス芸見れてよかった。笑

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

23話『悪辣なる怠惰』の伏線と謎

  • 白紙の親書にすり替えた人物は?
  • ヴィルヘルムは死んだ?
  • あのままスバルは斬られてまた死に戻りに?

ここまで読んでいただきありがとうございました!
それではまた次回!

\リゼロを観たい方はAmazonプライムビデオがおすすめ!/