【リゼロ】新編集版25話の解説、感想など!『Re:ゼロから始める異世界生活』

皆さん、こんにちは!
なかじんです!

アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』新編集版25話『ただそれだけの物語』の内容を解説、考察していきます!
まだ25話を観てない人はネタバレ注意です!

まだ前回書いた24話の記事を観ていない方はこちらからどうぞ

【リゼロ】新編集版24話の解説、感想など!『Re:ゼロから始める異世界生活』

2020年5月24日

 

\リゼロを観たい方はAmazonプライムビデオがおすすめ!/

 

 

25話 『ただそれだけの物語』ネタバレあり

スバルが目となり、ユリウスが剣となってお互いの持てる力を合わせることでペテルギウスの見えざる手を攻略し見事倒します。

しかし、ペテルギウスの「憑依」でスバルに取り憑きます。
スバルは死に戻りの言葉で中にいるペテルギウスと魔女を対面させペテルギウスを体から追い出します。

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

そして、ユリウスがペテルギウスにトドメをさします。

フェリスからの連絡で、爆発する火の魔石がエミリアたちの竜車にあることがわかります。

スバルはオットーと共に、エミリアの竜車に向かいます。
商人は、「言霊の加護」により最短ルートでエミリアたちの竜車へ急ぎますが、倒したはずのペテルギウスが追ってきていました。

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

しつこく追ってくるスバルは福音書にイ文字で「おわり」と書くことでペテルギウスは消滅しました。
リーファウス街道ではヴェルヘルムたちが魔女教と戦っており、この先にエミリアたちがいることを知らされます。

そしてエミリアたちの竜車に追いついたスバルは火の魔石を持って行き、白鯨の死骸に投げ入れ爆発させます。
吹き飛ばされたスバルでしたが、パトラッシュに守られたおかげで何とか命拾いします。

スバルが目を覚ますと、目の前にエミリアがいて再会を果たし、スバルは想いを伝えます。
これまで不当に扱われてきたエミリアは、スバルという救いを得ることができ涙を流します。

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

それからスバルとエミリアは竜車に乗り王都に向かいます。

その道中でスバルはエミリアに、レムも自分のことを好いてくれてると伝えますがエミリアは衝撃的な言葉を放ちます。

「レムって誰のこと?」

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

スバルは絶望の淵に落とされます。

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

〜第二期に続く〜

風除けの加護が切れた

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

ペテルギウスは竜車に取り付くことで、一時的に地竜の持つ「風除けの加護」の範囲内に入りその恩恵を受けていた。

しかし、福音書に手を伸ばしたことで加護の範囲から出て加護の効力が切れた。
その瞬間からペテルギウスは高速で移動する竜車の風の影響を受けるようになり竜車に取り付くのがやっとだった。

この後のシーンでスバルが福音書に血で書いた文字はイ文字で「おわり」と書かれている。

リーファウス街道の魔女教

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

ペテルギウスの命である森の各地に潜んでいた十の小隊からなる「指先」はスバルたちの奮闘により殲滅された。

しかし、リーファウス街道には再び魔女教徒の姿が。
「怠惰」とは別に属する魔女教徒たち。

事実、ペテルギウスの配下が持っていた地図にはリーファウス街道に魔女教徒がいる情報は記載されていなかった。

魔鉱石の大爆発

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

以前、竜車の中で魔女教徒であるケティを取り押さえた際にスバルとフェリスが巻き込まれた爆発もこの火の魔鉱石が原因。

しかし今回は臨界点にまで充填された状態からの爆発であったため以前とは比べ物にならないほどの大爆発になった。

同じ火を司るパックなら感知できるはずだが魔石を把握していなかった模様。

新編集版ラストで新たに追加された竜車でのシーン

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

新編集版で新たに追加されたシーン。

「レムって、誰のこと?」

この言葉は、白鯨にレムの存在を奪われた時にラムやエミリアに言われた言葉と同じものだった。
しかし、白鯨はレムと共に討伐したはず。

なぜ、エミリアはこのような発言をしたのか・・・

 

新編集版25話の感想

最後は主人公らしくカッコよく締めてくれましたね!

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

ペテルギウスのしつこさと変態っぷりには圧倒されましたね。
サテラへの想いが一方的で、自分がこんなにも忠誠を誓って尽くしてきたのに何でそれに応えてくれないんだ!みたいなこと言ってましたが、自分のことしか考えていなかった頃のスバルにそっくりだなと思いましたね。

結果、自分の利益だけ考えてる人に幸せはこないんだろうなあ。

そして、精神的にも人間的にもめちゃくちゃ成長したスバルとエミリアの再会のシーンは最高でしたね!
あの時王都で、エミリアにボロクソに言って泣かしたスバルとは別人のように男前になってますからね!

愛の告白を受けたエミリアが、銀髪のハーフエルフでみんなから嫌われていると否定的になっているところを、スバルがすかさず肯定して好きであることを何回も伝えるシーンは感動しましたね。

本当の「特別」をやっと2人で分かち合った感じですね。
リゼロ、綺麗だわ〜!

ん、?ちょっと待ってください。
それもこれも今のスバルがあるのはレムのおかげじゃないですか???

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

なのに、最後のあのシーンは残酷すぎますよ〜(泣)
白鯨を倒したはずなのになぜエミリアの記憶から消されているのか。

第2期で明らかになると思いますが、レムの復活、レムの笑顔が第2期の一番の楽しみです!

25話『ただそれだけの物語』の伏線と謎

  • レムの存在が消えた理由は?
  • リーファウス街道の魔女教とは?
  • 第二期はどんな展開になる?

リゼロの作画って素晴らしいよね。

リゼロ第二期も楽しみですっ!
ここまで読んでいただきありがとうございました!

\リゼロを観たい方はAmazonプライムビデオがおすすめ!/