【洋画】これだけは絶対観て!おすすめ映画20選 随時追加予定

みなさん、こんにちは!
なかじんです!

僕にとって映画は、人生を変えてくれた最高の贈り物です。
みなさんの中にも映画を観て、それに影響されて人生を変えた人もいるのではないでしょうか。

今回は、僕が今まで観てきた映画の中でこれだけは観てほしい映画をまとめたのでぜひ観ていってください!

映画好きの方からすると、真新しい映画は見つからないかもしれませんが1つでも良い映画が見つかるように全力で紹介しますよ!!!

※僕が実際に観て面白いと感じた映画しかオススメには書いてませんので、「えっ!あの映画入ってないとかおかしいよ!センス疑うよ!」ってクレームは受け付けません!笑

現在2020年9月ですが、随時追加する予定!

 

\映画を観るならAmazonプライムビデオがおすすめ!/

 


1.ショーシャンクの空に(1995年)

妻とその愛人を殺害したとして無実の罪(冤罪)で投獄されたエリート銀行員が、腐敗した刑務所の中で希望を捨てず生き抜いていく。

おすすめポイント

  • 世界中の映画ファンがオススメの映画として挙がるのがこの作品!
  • 絶望的な状況でも希望を捨てず、自分を信じて行動する姿に勇気をもらえる!
  • ラストのアンディに度肝を抜かれること間違いなし!

主人公のアンディは、決して希望を捨てず、諦めず、「脱獄」という目標のために1日1日地道に行動していきます。
ぜひ、人生辛い人って思ってる人はこの映画を観てください。
僕たちは、アンディのように必死に生きているでしょうか。


2.ロッキー(1976年)

闇金の取り立て屋をして生計を立てている三流ボクサーのロッキー・バルボア。
偶然巡ってきた世界ヘビー級チャンピオンのアポロ・クリードとの試合が決まります。
この無謀な挑戦にロッキーは挑んでいく。

おすすめポイント

  • ロッキーのテーマ曲はモチベーションUPすること間違いなし!
  • 落ちこぼれた男がアメリカンドリームを掴む瞬間は必見!
  • 最初から無理!って決めつけてない?無謀なことにでも【挑戦すること】の大事さがわかる!

別記事でロッキーシリーズの魅力を書いているのでぜひチェックしてみてください!

【ロッキー シリーズ】ただのボクシング映画じゃない!人生の生き方を教えてくれる映画だ!あらすじなども紹介!

2019年1月12日

3.マトリックス(1999年)

トーマス・アンダーソンは大手ソフトウェア企業に勤めるプログラマーですが、天才ハッカーの「ネオ」としての裏の顔を持っていました。
ある日、なぜか目は覚めているのに夢の中にいるような感覚に襲われます。

そんな時に彼に訪れたモーフィアスとの出会いでトーマスの人生が変わります。
コンピュータによって操作された仮想現実で生きていることを知らされたトーマスは「ネオ」として、現実世界を取り戻すために戦います。

おすすめポイント

  • 20年以上も前の作品やのに、内容に古さがない!むしろ今観た方が面白い!
  • SF映画やけどカンフーを取り入れた本格的なアクションシーンが観れる!
  • 映画内で使われているバレット・タイムという映画手法はあまりにも有名!

ある専門家は、「今僕らが生きている世界は仮想現実だ!」って大真面目に言っている人もいるんですよ。
確かに仮想現実じゃない証拠ってないですからね笑
たまに僕もこの世界は仮想世界なんだって思うようにして気持ちを楽にするということをしてます。笑


4.天使のくれた時間(2000年)

13年前、ジャックは恋人ケイトに引き留められますがそれを振って、仕事の研修のためにロンドン行きの飛行機に乗り二人はそのまま別れることに。
現在、ジャックは大手金融会社の社長で悠々自適な独身生活を謳歌していましたが、ある朝ジャックが目覚めるとそこには別れたはずのケイトや二人の子供が・・・

おすすめポイント

  • 自分の人生で本当に「大切なモノ」は何かを考えさせられる!
  • 人生後悔したくない人に良いきっかけがもらえる!
  • ラストがめっちゃいい!

みなさんの中にも、「もし、あの時ああしとけば・・・」みたいなことを一度考えたことはあると思います。
でも、考えたところで「過去」は変わりません。
けど、「今」の行動で「未来」を変えることはできます。
僕の人生にいい影響を与えてくれた映画の1つです。


5.きっとうまくいく(2009年)

舞台となるのはインドの超難関大学。
厳しいインド社会に置いて精神的に追い込まれる学生が後を絶ちませんでした。
そこに3バカトリオの大学生、特にランチョーは学内の常識や奇妙なルールに立ち向かい次から次へと騒動を巻き起こしていきますが次第にみんなの希望の光となっていきます。

おすすめポイント

  • とにかく元気がもらえる!
  • この映画を観れば自分の心に従う大切さがわかる!
  • ランチョーの名言から目を離すな!

誰かに決められた人生って面白くないですよね。
親とか周りの期待に応えたいとかで自分のやりたくないことをやってる人がほとんどだと思います。
この映画は、ランチョーが自分の信念を持って生きていることが僕たちに元気をくれます。
鑑賞後は「Aal Izz Well」(きっとうまくいく)と唱えているはずです!


6.最強のふたり(2011年)

事故により全身麻痺になってしまった大富豪のフィリップは次の介護者を探していました。
スラム出身の青年ドリスを採用することになり、生まれも育ちも全く違うふたりですがお互いを認め合い友情を育んていきます。

おすすめポイント

  • 作中に出てくる音楽がノリノリになれる!
  • ドリスの陽気さにフィリップ同様僕たちも元気をもらえる!
  • 障がい者を障がい者として全く見ていないドリスのフラットな視点を見習うべし!

まず、映画の冒頭からEarth, Wind & FireのSeptemberでノリノリになります!
この映画でのドリスの発言は普通なら「差別だ!」「全く笑えない!」なんて言われそうですがこの映画の評価はめっちゃ高いですし、普通に笑える不思議な映画です!


7.ボヘミアン・ラプソディ(2018年)

舞台は1970年代のロンドン。
フレディ・マーキュリーは地元のロックバンドのメンバーとQueenを結成します。
一気にスターとなったQueenはフレディの性的マイノリティの悩みやメンバーとのすれ違いを乗り越え名曲を残していきました。
そんなある日、フレディはエイズになって余命が少ないことを知る・・・

おすすめポイント

  • コンプレックスを抱えている人はその苦悩に共感できる!
  • Queenを知らない若い人も楽しめる!
  • ラストのライブシーンは圧巻!

最後のライブシーンにはめっちゃ鳥肌がたったのを今でも覚えています。
まるで自分がそのライブに参加してるんじゃないかって思わせてくれるくらい凄い臨場感の映像でした。
現在の日本音楽映画史上最も成功した映画です!
観ない理由がない!


8.アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜(2013年)

イギリス南西部に住む青年ティムは、21歳の誕生日の日に父親からタイムトラベルの能力があることを知らされます。

ティムはタイムトラベルの能力で理想の人生を送るために使い、恋愛もうまく進みます。
しかし、タイムトラベルの力でも解決しない大きな問題にぶつかることになり、ティムは大きな決断に迫られます・・・

おすすめポイント

  • 「いま」という時間がどれだけ大事かわかる!
  • 心がほっこりする映画を観たい方には超絶オススメ!
  • 恋をしたくなるし、家族や恋人をもっと大事にしようって思えるようになる!

元気のない時に何回でも観たくなる映画!
今日この日、この一瞬はもう二度と戻ってこない、だから一日一日を大事に生きることがどれだけ大切かこの映画を観て改めて考えさせられます!


9.ニュー・シネマ・パラダイス(1988年)

ローマのシチリア島の村。映画好きの少年・トトは映写技師のアルフレードと仲良くなりさらに映画へのめり込む。恋や兵役を経て映画監督になった彼のもとへ訃報が届き……。

おすすめポイント

  • 名作映画ベスト10に必ずと言っていいほど挙がる名作!
  • 音楽がとにかく素晴らしい!
  • 世代を超えた友情に心温まる!

僕が映画で泣いたのはこの映画が最初だと思います。
確か中学生の時に授業で見せられたんですけど、何か古そうだし退屈だなあ。と思って観てたらめっちゃ引き込まれ、最後には涙が流れてました。
涙が出ているのを隠しながら友達と会話していたのを覚えています。


10.プラダを着た悪魔(2006年)

オシャレな無関心な主人公のアンディは、ジャーナリスト志望でNYに来ますが、なぜか幸運にも女性が憧れるファッション雑誌「ランウェイ」の編集部へと就職が決まります。
鬼編集長のミランダの元でアシスタントをすることになったアンディは、ミランダの悪魔のような要求に失敗を繰り返しながらも必死に要求に応え成長していく物語です。

おすすめポイント

  • 仕事に悩んでいる人にぜひ観て欲しい!
  • この映画を観たら仕事に対してのモチベーションUP!
  • 多くの女性に刺さる映画!

この映画でアン・ハサウェイを知りましたが、めちゃくちゃ美人なんですよね〜。
ミランダからの到底無理な要求にも、最後まで諦めず、あちこち駆け回る姿はモチベーションが上がります!
文句ばかり言っても現状は何も変えられない。必死に考えて必死に行動した者こそが成功を掴めるんだなと思った映画です!


11.マイインターン(2015年)

アン・ハサウェイ演じるジュールズはファッションサイトを経営している会社のCEOとしてバリバリ働いていました。
結婚もしていて生活は充実しており理想の生活を送っていましたが、ある日70歳のシニアインターンのベンを雇うことになったジュールズは、最初こそイライラしていましたが彼の的確なアドバイスにジュールズは助けられることになります。

おすすめポイント

  • まるで「プラダを着た悪魔」の続編!?と思わせてくれるような映画!
  • ベンのシンプルな生き方に憧れる!
  • 世代と性別を超えた友情に注目!

70歳でインターンに応募する行動力が素晴らしい!
あんな歳の取り方をしたいし、様々な問題を解決していく姿を見てみんなベンを好きになる!


12.幸せのちから(2006年)

クリス・ガードナーは骨密度を測る新型医療機器のセールスマンとして生計を立てていましたが、大儲けを見越して投資した機器は思ったように売れませんでした。
家賃や税金の支払いもできなくなった上に、妻のリンダも家を出てしまい5歳の息子とホームレス生活になります。
クリスはチャンスを掴むべく証券会社の採用を目指すために養成コースに受講しますが・・・

おすすめポイント

  • 前を向きたいときにオススメ!
  • どん底の状況でも諦めないクリスに脱帽!
  • ラストのシーンは必見!

実話を元にしたストーリーで実際は映画よりも過酷だったらしいです。
ホームレス生活は映画だと半年で5歳の息子を連れていましたが、実際はホームレス生活1年に息子はまだ赤ん坊だったから驚きです。
成功を掴むのに楽しようとする人がいますが、これくらい努力しないと本来掴めないモノ何でしょうね。


13.きみに読む物語(2004年)

施設で暮らすアルツハイマー病を患ったおばあさんのもとに、毎日のようにやってきて、「ある物語」を読み聞かせているおじいさんがいました。
その物語は、1940年のアメリカに住む若い男女の人生をかけたラブストーリー。
これは、二人が歩んだ真実の愛の物語・・・

おすすめポイント

  • シンプルなストーリーだからこそ感情移入しやすい!
  • 感動する映画が観たいならこれ!
  • とにかくノアのまっすぐで純粋な愛を見逃さないで!

人に決められた人生を歩むのは楽しくない!
自分の人生だから自分の意思で決める!というのを思い出させてくれる。


14.オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年)

ここは近未来の地球。
異星人による地球侵略が進む中、人間たちは苦戦していた。
主人公のケイジは、戦闘の中で自分が死ぬと少し前の時間にまで戻るという能力が備わり、能力を活かして異星人と戦っていくが・・・

おすすめポイント

  • 日本のアニメが原作となっている!
  • テンポが良くてあっという間に映画が終わる!
  • トムクルーズ演じる主人公が死ぬたびにどんどん強くなっていくのは見どころ!

「死に戻り」の設定って僕好きなんですよね〜。笑
この作品が原作ではないですがこのアニメも「死に戻り」系なのでぜひ観てください!

【リゼロ】新編集版1話の解説、感想など!『Re:ゼロから始める異世界生活』

2020年5月3日

15.ライフ・イズ・ビューティフル(1997年)

1930年代、ユダヤ系イタリア人のグイドは、小学校教師を勤めるドーラに恋をし二人は結婚。
息子も生まれ3人で幸せな家庭を築いていた。
しかしある日、ナチスの強制収容所への収監命令が下り・・・

おすすめポイント

  • あなたの心にずっと残る名作映画!
  • 父グイドのユーモラスな生き方には誰もが感動すること間違いなし!
  • ラストのシーンは映画史に残る名シーン!

父グイドも強制収容所に入って相当怖いと思うんですよ。
日に日に人が減っていく環境の中で次は自分か息子なのでは?と毎日思いながらも息子には怖い思いをさせたくない父の優しさ、愛、ユーモアで最後まで息子を守り続ける姿はずっと心に残ってます。


16.ワイルド・スピード スカイミッション(2015年)

オーウェン・ショウの組織を倒し、恋人のレティを取り戻したドミニク。
相棒のブライアンとドミニクの妹のミアも平穏で幸せな毎日を過ごしていた。
しかし、オーウェンの兄であるデッカードがドミニク達に復讐を始める・・・

おすすめポイント

  • ポールウォーカーの死を乗り越えて作られた、思いの詰まった作品。
  • カーアクションはこの映画の醍醐味!
  • ラストシーンは、ブライアンとその役を演じたポールウォーカーが重なって見える感動のシーン!

できればシリーズ1作目から観てほしい映画。
そのほうがより、この作品に感情移入できます。
また1作目からブライアンを演じたポール・ウォーカーは、本作の撮影終了前に事故死。
合成や実の弟を起用し完成した本作が、ポールの遺作となってしまいました。


17.ダークナイト(2008年)

 

おすすめポイント

  • この複雑な人間ドラマは他のアメコミではなかなか描けないバットマンならではの魅力!
  • ヒース・レジャー演じるジョーカーの迫力ある演技は必見!
  • 撮影には本物の警官や市民を起用するなど、監督クリストファー・ノーランのこだわりが満載!

ここまで「正義」と「悪」が表裏一体の関係になっている映画はないとお思います。
「正義」とは何か。「悪」とは何か。
それぞれの受け取り方で楽しんでください!


18.ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年)

主人公のジョーダン・ベルフォートは学歴も人脈もないまま、22歳でウォール街の投資銀行で働き出しましたが出社当日に「ブラックマンデー」で会社は倒産します。
26歳で証券会社を設立し、年収49億円を得るまでに成長する。
一気に富と名声を手に入れた彼ですが、思いがけない転落が待ち受けていました。

おすすめポイント

  • 観れば金融リテラシーが上がる!
  • 破天荒すぎる主人公に注目!
  • なぜか仕事のモチベーションが上がる!

この映画もうめちゃくちゃです!笑
やりたい放題やって自由奔放にお金使って最後には・・・笑
主人公たちの破天荒さについ目が行きがちですが、学べることはたくさんあります!
キャラクターの会話を見逃さず聞いてみてください!


19.最高の人生の見つけ方(2007年)

入院先の病室で知り合った大富豪のエドワードと家族のために働いてきたカーターは共に余命が6ヶ月。
死ぬまでにやりたいことを全てやろうと決意し病院を脱出します。
人生最後、「やりたいことリスト」を手にさまざまなことに挑戦します。

おすすめポイント

  • 残り短い人生を思いっきり楽しもうとする二人の姿に勇気をもらえる!
  • この映画を観ればあなたも「やりたいことリスト」を作ってどんどん叶えていこう!
  • 名優二人の滲み出る演技に注目!

もし、彼らのように余命あと6ヶ月と宣告されたら僕たちはどんな行動をとるだろうか。
多分彼らと同じように人生でやり残した、やりたいことをしていくと思います。
じゃあなぜ今、やらないのか。仕事に追われてたり何かに言い訳してしまってはないでしょうか。
そんなことを考えさせられた映画です!

20.グレイテスト・ショーマン(2018年)

19世紀半ばのアメリカ。
バーナムは貧乏な生まれを乗り越え、良家の娘と結婚し2人の娘にも恵まれ幸せに暮らしていました。
しかし、挑戦しては失敗を繰り返し窮地に立たされます。
そこでバーナムは夢だったショービジネスの世界で一旗揚げようと見世物小屋を売りにしたサーカスを設立し大成功させますが・・・

おすすめポイント

  • 誰にでも輝ける舞台はあるということを教えてくれる!
  • 劇中でキャストが歌う力強いミュージカルシーンは感動!
  • みんな違って、みんないい!って勇気を与えてくれる!

ミュージカル映画に対して抵抗がある方もいるのではないでしょうか。
歌って!踊る!あの陽気な感じがどうも苦手・・・って方もこの映画を観ればミュージカル映画に対する見方も変わると思います!
実際、僕もそうでした!

 

\映画を観るならAmazonプライムビデオがおすすめ!/